読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子力・放射線のはなし

原子力放射線関連のことをつらつらと

なぜ日本は核武装をしてはいけないのか? のはなし

こんばんは、なななっつです。
タイトルがセンセーショナルですが、内容は全くもって思想的ではありません笑

安保法とか集団的自衛権とかそういう話でもありません笑

 

 

で本題ですが、単刀直入に何故日本は核武装してはいけないのかといいますと、


昨日書きました原子力基本法

atomicradiation.hatenablog.com

第2条に

第2条 原子力利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。

原子力基本法

 とあるからです。ただそれだけです笑 日本は法治国家なので法律に従わないといけません。

平和の目的に限り、って書かれてるのでまあ100%兵器開発は無理でしょう笑

仮に兵器開発できたとしてもその成果を進んで国際社会に公開しないといけないのでこれまた厳しいですね笑

(注:"その成果を公開し"とありますが平和利用でも開発した原子力技術のすべてを公開しているわけでもないというね、特に核燃料サイクル関連は。これはまた後日書きたいと思います。)

てなわけで日本は核兵器開発はできないわけです。

おわり 

 

 

…と言いたいところですがこの2条、少々気になる点がありまして、実は少し前に改正されています。

この2条、昔は

第2条 原子力利用は、平和の目的に限り、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。

だったんですが、今は

第2条 原子力利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。

 

そう、"安全の確保を旨として"が追加されています。

そして2条に2項に

2   前項の安全の確保については、確立された国際的な基準を踏まえ、国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として、行うものとする。

原子力基本法

が追加されました。

 

…ぶっちゃけ私これどういう風に解釈すればよいのか分かりません。改正したとき業界では少々ざわっとしたのですが。

これが追加されたことにより核兵器開発推進すると恐れている方もいますが、正直何を目的に追加したのか分かりません(核セキュリティとかかな??)がわざわざ追加したってことは何か意味があると思います。

改正後特に今は変化はありませんが、ここらへんの動向は随時チェックしていきたいと思います。